漢方薬の通販会社がクラフトビールを作ったら

こんにちは!ハーバルアイの岩永です。

今回は弊社の意外な(?)商品を紹介します。
タイトルでもう全部話してるようなものですが、実はハーバルアイでクラフトビールを作りました。
名前は『漢方クラフト』です!

そもそも「クラフトビール」って何?という方のために説明すると…
“小規模な醸造所がつくる、多様で個性的なビールのこと” です!

一昔前は「地ビール」と呼ばれていて、その地方の特産品やお土産として買われることが多かったようです。しかし、ブームは続かず、一時的に影が薄くなってしまいました。
その後、アメリカでクラフトビールの人気が出始めたこともあって、いま日本でも「クラフトビール」として、再び盛り上がりを見せています。

最近では、スーパーやコンビニで手軽に買えるものも増えてきました。
最もポピュラーと言えるものはヤッホーブルーイングさんの「よなよなエール」でしょう。

そんな、「クラフトビール」を、なぜかハーバルアイで作ってしまいました!
と言っても、福岡市内の醸造所さんにご協力いただいて、レシピ内容のリクエストをさせていただいたくらいなんですけども。


それでもこだわりはありますよ。
なんと、瓶の中に!まるごとの!

高麗人参が!!入ってます!!

いや~、すごくないですか?普通は入ってません、こんなもの。
多分、日本で唯一のクラフトビール。
こんな発想、私たちだからこそできたんだと思います!

ちなみに、高麗人参の効能は「虚弱体質の改善や肉体疲労の回復、病中病後の体力回復」などなど…。しかし、多くの方には、このような説明がなくとも、なんとなく“からだに良いもの”という認識があるのではないでしょうか?

それを、1本まるまる入れちゃうなんて、すごく贅沢~!


気になるお味ですが…

意外とクセがなく、飲みやすい!
苦みもそんなに強くなく、のど越しもすっきりしています。
最大の特徴は、やっぱり香りです。
ちょっと生薬っぽい風味が鼻に抜けて、からだに良い感じを味わえます!(^^)

ちなみに、クラフトビールには細かく分けると100以上の種類があると言われていますが、基本の種類(“スタイル”と呼びます)で飲む機会が多いのは

・ピルスナー(すっきりした味わい、のど越しがいい)
・ペールエール(華やかな香り、ピルスナーよりやや濃い色)
・IPA(香りと苦みが強い、カレーに合う)
・ヴァイツェン(フルーティな香り、すっきりした味わい、白い)
・スタウト(コクのある濃厚な味わい、黒い)

など、だと思います。
だいたいパッケージにスタイルが書かれてあって、飲み慣れた人はそこでどんな味か想像することができます。

このラベルを見てわかるように、『漢方クラフト』はペールエールです。
おそらく、日本で一般的に「ビール」と言ってイメージされるものは、上記のスタイルでいくと、ピルスナーが一番近いです。
そのピルスナーよりもっと香りを楽しめるのがペールエールで、『漢方クラフト』は、クラフトビール初心者にもおすすめなんです。

いま、この『漢方クラフト』を飲んでみたい!と思ってくれた方に朗報です。
弊社の飲食店舗coperta(コペルタ)で飲むことができますよ!

【薬膳キッチン coperta(コペルタ)】

〒810-0023 福岡県福岡市中央区警固1丁目15−38 CAITAC SQUARE GARDEN 1階
TEL:092-406-3649

ここからは余談ですが、以前ブログでお話ししたとおり、私はクラフトビールにハマっているんですが、先日面白い漫画を見つけました!

『琥珀の夢で酔いましょう』という漫画で、ストーリーを読みながらクラフトビールの知識や楽しみ方を知ることができます。

1話と2話が無料で読めます!↓

シンプルにビールの味わうだけでも楽しいですが、こういった知識を持って飲んでみるのもオススメです!

それではまた!(^^)/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です